鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > 医療・健康 > 細胞膜透過ペプチドを利用した薬物輸送技術の開発
医療・健康
細胞膜透過ペプチドを利用した薬物輸送技術の開発
研究者
岩崎 崇(農学部 生物資源環境学科 助教)
キーワード
腫瘍細胞、細胞膜透過ペプチド、ヒスチジン、薬物輸送
概要
ヒスチジン(H)のみが16残基連続したポリヒスチジン(H16)に高い細胞膜透過能が存在することを発見した。代表的な細胞膜透過ペプチドであるオクタアルギニン(R8)と比べて、ポリヒスチジン(H16)はヒト線維肉腫細胞株(HT1080)に対して14.35倍高い細胞膜透過を示した。さらに、ポリヒスチジン(H16)は血清の影響を受けず、生体内において腫瘍組織に集積することが認められた。ポリヒスチジン(H16)は有力な薬物輸送のキャリアーであると考えられる。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・既存の代表的な細胞膜透過ペプチドであるオクタアルギニン(R8)と比べて、ポリヒスチジン(H16)は種々の腫瘍細胞株に対して高い細胞膜透過を示す。
・従来の細胞膜透過ペプチドは血清の存在下では膜透過率が抑制されることが知られているが、H16は血清の影響を受けず、高い細胞膜透過を示す。
・担癌マウス生体内において、既存の細胞膜透過ペプチドであるR8は迅速な腎排出が確認された。一方で、H16は腫瘍組織に集積することが認められた。さらに、生体内においてH16は長期間の安定した血中滞留性を示した。
応用分野
・創薬分野:ポリヒスチジンを用いた腫瘍治療薬の開発
ポリヒスチジン(H16)を薬物輸送キャリアーとして利用することで、腫瘍組織に効率的・選択的に薬剤・タンパク質・核酸を輸送する薬物輸送技術の開発に繋がると期待される。
関連特許
・ポリヒスチジン修飾リポソーム(特願2015-150709)
・新規細胞膜透過ペプチド(特開2013-100273)
関連論文
T. Iwasaki, Y. Tokuda, A. Kotake, H. Okada, S. Takeda, T. Kawano, Y. Nakayama, “Cellular uptake and in vivo distribution of polyhistidine peptides”, J. Control. Release, 210, 115-124. (2015)
参考資料ダウンロード
日本海新聞(平成27年5月27日掲載)
参考URL
研究者詳細
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター   田尾 龍治
連絡先
E-MAIL:tao@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5703
 アンケートにご協力ください。