鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > 医療・健康 > マリンナノファイバーの創傷治癒促進効果
医療・健康
マリンナノファイバーの創傷治癒促進効果
研究者
東 和生(農学部 助教)、伊福 伸介(工学研究科 准教授)
キーワード
創傷治癒、マリンナノファイバー、上皮化、肉芽形成
概要
キチン・キトサンには従来、創傷治癒促進に関するたくさんの知見があります。我々は、キチンをナノファイバー化したマリンナノファイバー(マリンNF)が従来のキチンよりも優れた創傷治癒促進効果を有していることを確認しました。キチンナノファイバーは、フィルム・ゲル・スポンジ等への成型も可能なことから、創傷被覆材等としての利用が期待されます。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・ナノファイバー化により従来よりも少ない量のキチンで効果を発現する
・様々な形態に整形可能(スポンジ、ゲル、フィルム)である
応用分野
医療分野:ヒトおよびペット用の外傷被覆材(ガーゼ、スポンジ、ゲル等)
関連特許
・創傷治癒促進剤(特願2014-257968)
関連論文
・Izumi et al., Favorable effects of superficially deacetylated chitin nanofibrils on the wound healing process. Carbohydrate Polymers, 123: 461-467. 2015
・Azuma et al., Preparation and Biomedical Applications of Chitin and Chitosan Nanofibers. Journal of Biomedical Nanotechnology, 10: 2891-2920. 2014
参考資料ダウンロード
シーズPDF
鳥取大学ビジネス交流会配布資料
参考URL
マリンナノファイバーHP
東和生-研究者詳細
伊福伸介-研究者詳細
共同研究先への要望
実用化、商品化を前提とした共同研究を希望します。
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  田尾 龍治
連絡先
E-MAIL:tao@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5703
 アンケートにご協力ください。