鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > エネルギー > 中間バンド型高効率次世代太陽電池の研究
エネルギー
中間バンド型高効率次世代太陽電池の研究
研究者
市野 邦男 (工学研究科 情報エレクトロニクス専攻 教授)
キーワード
太陽電池、高効率、中間バンド、ローコスト
概要
本研究では、超高効率・低製造コストが可能な「不純物中間バンド型太陽電池」の実現のため、独自技術により必要な新規半導体材料の開発を目指している。単一の半導体を用いる従来型の太陽電池の効率には理論的制約があり、それを超えるものとしてタンデム型があるが製造コストは高い。他方、同様の超高効率が期待でき、かつ構造的には従来型に近いことから低コストで製造可能な「不純物中間バンド型」が提案されているが、実現へのハードルは高く、これに適した半導体の開発がキーポイントである。そこで、適切な母体半導体と中間バンド形成用不純物による新規半導体材料を開発し、高効率太陽電池の実現を目指す。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・従来型(単一の半導体を使用)と比較し、理論的に1.5倍以上の高効率化が可能
・タンデム型(複数の半導体を積層)より単純構造で同等の高効率・低コスト化の可能性
・硫化物半導体の作製技術(研究者らの従来技術)を活用
応用分野
・次世代高効率太陽電池
関連論文
・“ZnS-based ZnSTe:N/n-ZnS light-emitting diodes”, K. Ichino et al., Appl. Phys. Express, Vol. 6, 112102, (2013).
その他の関連研究内容
・硫化物半導体発光デバイスの研究
保有研究装置
・分子線エピタキシー装置(硫化物結晶作製)
・電気的・光学的特性評価装置
・高分解能X線回折装置、透過型/走査型電子顕微鏡(専攻共通設備)
参考資料ダウンロード
シーズPDF
鳥取大学ビジネス交流会配付資料
参考URL
研究者詳細
共同研究先への要望
本研究は現在比較的基礎的段階にありますが、将来に向けた共同研究を希望します。
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  水根 正人
連絡先
E-MAIL:mizune@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5546
 アンケートにご協力ください。