鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > 環境 > 沿岸域の自然災害に対する防災・減災のための各種支援
環境
沿岸域の自然災害に対する防災・減災のための各種支援
研究者
松原 雄平、松見 吉晴、黒岩 正光、太田 隆夫、金 洙列 (工学研究科 社会基盤工学専攻)
キーワード
防災、津波、高潮、ハザードマップ、防災教育
概要
今後、南海トラフ地震発生に伴う巨大津波や、地球温暖化や気候変動によって巨大化する台風による高波・高潮などに対する、沿岸域の防災・減災に備えておく必要がある。我々は、沿岸域における防災・減災のための研究を行っている。
 気象モデルを用いた台風予測、それに伴う高波・高潮シミュレーション、災害時の避難経路シミュレーションに関する研究、その他、高波による海岸侵食、海岸構造物の被災に関する研究も行っている。これらの研究成果を用いて、沿岸域における住民のためのハザードマップ作成支援、避難方法の支援、防災意識向上にための防災教育、防災に関するワークショップ支援などを行う。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・避難シミュレーションによる効率良い避難経路の検討が可能
・小型水槽による津波伝播の実演が可能(防災教育)
・多方向不規則波造波装置による高波の再現が可能
・コンピュータによる津波の伝播シミュレーション(防災教育)
・高波・高潮発生シミュレーションが可能
応用分野
・沿岸地域の防災計画
・将来の地球温暖化、気候変動に伴う高潮、高波予測、海浜変形予測
・台風時における高潮、高波による海浜変形予測
関連論文
・わが家の防災マニュアル(2013):琴浦町,鳥取大学監修
・沿岸過疎地域の浸水災害を対象とした避難シミュレーション開発(2008):松見吉晴・蘆田哲也,海岸工学論文集,第55巻,pp.1376-1380.
・高潮災害を対象としたソフト防災に関する考察(2009):松見吉晴・雁津佳英,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. B2-65,No.1,pp.1366-1370
その他の関連研究内容
・気候変動による水位上昇と高波来襲による海浜変形に関する研究
・高潮予測に関する研究
保有研究装置
・多方向不規則波造波装置
・鉛直2次元不規則波造波装置
・津波模型
・避難シミュレーションソフト
・高潮・高波発生シミュレーションソフト
参考資料ダウンロード
シーズPDF
参考URL
研究者詳細
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  水根 正人
連絡先
E-MAIL:mizune@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5546
 アンケートにご協力ください。