鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > 環境 > 河川の流れと河床変動の数値シミュレーション
環境
河川の流れと河床変動の数値シミュレーション
研究者
檜谷 治(工学研究科 社会基盤工学専攻 教授)、梶川 勇樹 (工学研究科 社会基盤工学専攻 助教)
キーワード
河川流、河床変動、数値シミュレーション
概要
普段私たちが目にする河川は、川底(河床)や堤防が砂や礫などの土砂で構成されており、洪水時には流れによってそれらの土砂が移動し、地形が変化する。これは「河床変動」と呼ばれ、例えば、河川弯曲部では外岸での河床の深掘れ、内岸での土砂の堆積といった河床変動が発生する。また、構造物(橋脚・水制など)周辺では非常に複雑な流れが発生し、「局所洗掘」と呼ばれる深掘れ現象が発生する。これらの「河床変動」を予測することは、治水計画や河道計画を策定する上で非常に重要な役割を果たす。本研究では、このような「河床変動」を高精度に予測できる数値シミュレーションモデルの開発を進めている。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・3次元的な流れ場を含む河床変動計算が可能
・複雑な地形起伏を有する場においても高精度な予測計算が可能
・掃流砂、浮遊砂を含む混合粒径での河床変動予測が可能
応用分野
・洪水あるいは津波浸水氾濫解析への適用
・瀬や淵などのより良い河川環境の創出に向けたシミュレーションによる検討
関連論文
・梶川勇樹,檜谷治:WENO法を用いた平面2次元浅水流モデルの開発,土木学会論文集B1(水工学),第69巻,4号,pp.I_631-I_636,2月2013.
・Kajikawa, Y., and Hinokidani, O.: Numerical Simulation of 2-D Bed Deformation in a Slit Sabo Dam, 35th IAHR Congress Proceedings, September 2013. (Accepted)
その他の関連研究内容
・透過型砂防ダム周辺の河床変動に関する研究
・河口部における河川流と波浪による河床変動特性
・流出解析を用いた流域水収支の把握
参考資料ダウンロード
シーズPDF
鳥取大学ビジネス交流会配付資料
参考URL
檜谷治-研究者詳細
梶川勇樹-研究者詳細
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  水根 正人
連絡先
E-MAIL:mizune@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5546
 アンケートにご協力ください。