鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > 人文社会 > 少人口地域における地方都市・まちづくりの計画支援
人文社会
少人口地域における地方都市・まちづくりの計画支援
研究者
福山 敬 (工学研究科 社会基盤工学専攻 教授 )
キーワード
生活サービス、地域産業構造、経済モデル、交通計画
概要
人口減少と少子高齢化が全国に先駆けて進む地方では、交通サービスやコミュニティ活動などこれまで維持できていた生活サービスや活動の維持が困難となりつつある。人口の量的質的変化の下でも地域の人々が安心して暮らせるためには、その不安要因の的確な把握と効果的で持続的な対策の実施が必要である。ミクロ経済学や地域計量分析を主とした理論に基づいた数理モデル化および計量・統計手法により、問題要因の明確化と評価、さらにこれらに基づく提案を行うことができる。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・ミクロ経済学をはじめとする数理モデルを基礎とした計量分析
応用分野
・産業活動、立地、消費活動、コミュニティの問題など、地方都市の社会経済生活活動に関連するさまざまな分野に柔軟に対応します。
関連論文
・福山敬, 池田結樹,桑原健介, 鳥取市街地における地価決定要因の分析, 都市計画研究講演集,7,pp.29-30, 2009.
・福山敬, 池田結樹, 永井真道, Robackモデルによる鳥取県のアメニティーの評価, 都市計画研究講演集,7,pp.31-34, 2009.
・福山敬,香川哲哉,池田結樹:地方空港国際定期路線「米子空港ソウル便」に対する地域支援に関する分析,IATSS Review, 34,1, 00.90-98, (2009).
・福山敬,地域計量経済分析を通じた地方都市地域問題の解明,都市計画研究講演集, 8, pp.7-12, 2010.
・池田結樹,福山敬,地域政府による地域間道路の分権的整備が産業立地に及ぼす影響に関する分析,交通学研究,Vol.54, pp. 225-234,(2011).
その他の関連研究内容
・アンケートに基づく分析も行います。
・ワークショップなどによる問題の明確化や計画案作成のサポートも行います。
参考資料ダウンロード
シーズPDF
参考URL
研究者詳細
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  水根 正人
連絡先
E-MAIL:mizune@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5546
 アンケートにご協力ください。