鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > 環境 > 沿岸域における漂砂と海浜変形問題に関する研究
環境
沿岸域における漂砂と海浜変形問題に関する研究
研究者
松原 雄平、黒岩 正光 (工学研究科 社会基盤工学専攻)
キーワード
漂砂、海浜変形、海岸侵食、航路埋没、海浜変形予測
概要
我が国は四方を海で囲まれた島国であるため、海岸侵食や漁港や河口における土砂堆砂の問題が多くある。このような沿岸域の問題を解決するために、砂浜と海底地形変化の調査を行ったり、模型実験やコンピュータによるシミュレーションを行うことで沿岸域の波と流れ、砂浜や海底地形変化のメカニズムを明らかにする研究を行っている。また、将来の砂浜の保全、港湾・漁港を維持管理のために、コンピュータを用いた波と流れによる海浜変形を解析するシミュレーションモデル開発も行っている。本研究では、数か月から数年間の地形変化予測に対する3次元海浜変形モデルと数年から数十年後の地形変化予測に対する等深線変化モデル開発を行っている。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・海岸工学研究室有する小型ボートによる海底調査、地形変化解析が可能
・コンピュータによる3次元海浜変形解析・予測が可能
応用分野
・海岸侵食対策、砂浜の維持管理
・河口閉塞対策、河口の維持管理
・港の泊地および航路の堆砂対策
関連論文
・人工リーフ開口部における地形変化に関する研究(2012):黒岩正光,松原雄平,他4名,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 68 (2012) No. 2 p.I_566-I_570.
・岩礁域を考慮した3 次元海浜変形モデルに関する研究(2011):黒岩正光,松原雄平,他6名,土木学会論文集B2 ( 海岸工学), 第67 巻,pp.155-160.
・粗粒材を用いた沖合養浜の効果とその影響に関する実験的研究(2011),澁谷容子,八尾規子,松原雄平,黒岩正光,砂後聡子,土木学会論文集B2 ( 海岸工学) ,第67 巻,pp.671-675.
その他の関連研究内容
・サンドリサイクルに関する研究
・津波による土砂移動・海底地形変動解析
・シミュレーションモデルによる沿岸域における流動解析
保有研究装置
・現地調査:小型ボート、深浅測量機器、サイドスキャンソナー、流速計、砂面変動計測装置
・模型実験:鉛直2次元不規則波造波実験装置、多方向不規則波造波実験装置
・数値解析:3次元海浜変形解析ソフト
参考資料ダウンロード
シーズPDF
鳥取大学ビジネス交流会配付資料
参考URL
研究者詳細
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  水根 正人
連絡先
E-MAIL:mizune@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5546
 アンケートにご協力ください。