鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > 環境 > 地理情報システムを用いた河川水の水質評価に関する研究
環境
地理情報システムを用いた河川水の水質評価に関する研究
研究者
増田 貴則 (工学研究科 社会基盤工学専攻 准教授)
キーワード
河川水水質、表流水水質、水安全計画、地理情報システム
概要
河川表流水の水質、および、河川表流水利用者や河川表流水を飲用水源としている者の病原微生物感染リスクなどを、一般に公開・販売されている統計情報、地理情報のみを用いて評価する手法を研究している。地理情報システム(GIS)をベースに評価システムを開発することで、広い範囲を同時に評価することや任意の表流水を対象に評価することが可能となる仕組みを検討している。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・既存の統計、地理情報のみを用いるので、従来手法と比べて安価・短時間で導入可能
・GISベースで広範囲、任意の表流水を扱えるため、水質未観測地域の水質やリスクを評価し視覚化(マップ化)可能
応用分野
・河川管理者が河川利用者のリスクを評価・点検するような場合
・水道管理者が表流水を水源とした水道の水安全計画を立案する際
・下水道管理者が公共用水域の水質を評価するような場合
・栄養塩を対象とすれば、内湾・閉鎖性水域の水質保全計画、流域の負荷削減計画を立案するような場合にも応用可能と考えられる
関連論文
・増田貴則,田中春樹,山田俊郎,秋葉道宏,細井由彦:GISを活用した水道原水の汚染リスク要因抽出に流域情報の形態が与える影響について,環境工学研究論文集,第46巻,pp.241-247, 2009
・増田貴則:地理情報システム(GIS)を活用した気候変動に対応した水道原水管理・評価手法の開発−GISを利用したリスクマップ作成における空間情報の課題−,気候変動に対応した飲料水管理手法の開発に関する研究平成22年度総括・分担報告書,秋葉道宏,厚生労働省科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業,pp.85-108, 2011
・増田貴則,伊藤香織,加藤伸悟,山口巌:利根川・荒川流域の集水域属性と水道原水データにみる表流水汚染の関係(投稿中)
その他の関連研究内容
・湖沼、内湾の水質改善、水質管理に関する研究
保有研究装置
・地理情報システム(ArcGIS for Desktop)
参考資料ダウンロード
シーズPDF
参考URL
研究者詳細
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  水根 正人
連絡先
E-MAIL:mizune@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5546
 アンケートにご協力ください。