鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > 環境 > 断層破壊シナリオに基づく強震動の予測
環境
断層破壊シナリオに基づく強震動の予測
研究者
香川 敬生(工学研究科 社会基盤工学専攻 教授)
キーワード
地震、地震動、予測、断層、地盤
概要
震源断層の破壊進行および地殻・地盤における地震波動伝播を考慮して、対象地震による対象地点の強震動を厳密に評価します。地震破壊シナリオと地下構造が既知の既往地震であれば、波形やスペクトルをほぼ再現することが技術的に可能です。将来発生する地震の断層破壊シナリオの構築、対象地点における地下構造のモデル化が課題になりますが、その方法論およびデータの蓄積も含めて研究テーマとしています。また、震度分布を発災時に即時推定する場合の高度化に向けて、簡便法(距離減衰式)を補正する手法も検討しています。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・簡便法(距離減衰式)による地震動特性値(最大加速度、震度など)ではなく、その地点における強震波形を予測でき、周期特性などの分析も可能。
・断層破壊シナリオを反映し、断層との位置関係による地震動の差異を表現可能。
・地盤構造による地震動伝播の影響を考慮可能。
応用分野
・重要構造物の耐震設計、診断の基礎資料となる。
・地震ハザードマップの作成。
関連論文
・香川敬生:ハイブリッド合成法に用いる統計的グリーン関数法の長周期帯域への拡張、日本地震工学会論文集、第4巻、第2号、21-32, 2004.
・香川敬生:断層モデルとの比較に基づく震源破壊進行を考慮した経験的距離減衰特性の補正について、土木学会地震工学論文集、第30巻、pp.59-64,2009.
その他の関連研究内容
・常時微動を用いた揺れの応用
保有研究装置
・3成分一体型加速度計(単体で短周期微動から強震まで測定可能)
参考資料ダウンロード
シーズPDF
鳥取大学ビジネス交流会配付資料
参考URL
研究者詳細
共同研究先への要望
断層破壊シナリオの高度化、海溝型地震の短周期地震動、簡便法の効率的な補正など。
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  水根 正人
連絡先
E-MAIL:mizune@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5546
 アンケートにご協力ください。