鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > 医療・健康 > 食品等の持つ抗炎症作用の簡便検出システムの開発
医療・健康
食品等の持つ抗炎症作用の簡便検出システムの開発
研究者
岡田 太 (医学部 生命科学科 教授 )
キーワード
食品成分、炎症反応、抗炎症作用、炎症発癌予防作用
概要
試験管内および生体内において炎症反応を抑制する物質を定量スクリーニングできるシステムを確立した。食品や原材料などから抽出した水溶性成分の持つ抗炎症作用を簡便に評価することができる。さらにヒト発癌の約20%を占める炎症発癌に対する効果を判定することができる。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・炎症反応を定量評価することができる
・独自に開発した炎症発癌モデルにより発癌抑制効果を判定できる
応用分野
・食品成分等の特定機能(抗炎症作用)の決定
・食品成分等の炎症発癌予防機能の判定
関連特許
抗腫瘍剤(特許出願2002-259766)
ANTI-TUMOR AGENT, 良性腫瘍の悪性化を阻止する方法(米国特許US 7,150,870 B2)
関連論文
・Onuma K, Kanda Y, Suzuki Ikeda S, Sakaki R, Nonomura T, Kobayashi M, Osaki M, Shikanai M, Kobayashi H and Okada F. Fermented brown rice and rice bran with Aspergillus oryzae (FBRA) prevents inflammation-related carcinogenesis in ice, by inhibiting infiltration of inflammatory cells. Nutrients 7 (12): 10237-10250, 2015.(doi:10.3390/nu7125531)
・Onuma K, Okada F et al., Development of a quantitative bioassay to assess preventive compounds against inflammation-based carcinogenesis. Nitric Oxide 25: 183-194, 2011.
・Okada F et al., Prevention of inflammation-mediated acquisition of metastatic properties of benign mouse fibrosarcoma cells by administration of an orally available superoxide dismutase. Br J Cancer 94: 854-862, 2006.
保有研究装置
・細胞培養関連機器一式
・生化学・タンパク質解析一式
・病理組織検査関連機器
参考資料ダウンロード
シーズPDF
参考URL
研究者詳細
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  坂下 誠司
連絡先
E-MAIL:sakashita@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0859-38-6484
 アンケートにご協力ください。