鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > IT > ソフトウェアプロセスデータの統計的分析に関する研究
IT
ソフトウェアプロセスデータの統計的分析に関する研究
研究者
山田 茂 (工学研究科 社会基盤工学専攻 教授)
キーワード
初期プロジェクトリスク、プロセス監視、設計品質評価、QCD(品質、コスト、納期)
概要
人的要因がかかわるソフトウェア開発プロジェクトは、しばしば様々なソフトウェアプロセスの問題に起因するリスクの発生により、出荷後の障害の多発、納期遅延、コスト超過といったQCD(品質・コスト・納期)に関するプロジェクトの失敗を引き起こす。そのため、プロジェクトを成功へ導くために、第3者が課題の早期検出と対策状況を監視する「プロセス監視活動」と、設計段階で仕様書・設計書の品質の評価を行う「設計品質評価活動」が重要となる。本研究では、初期プロジェクトリスクを考慮して、上述の活動により得られたソフトウェアプロセス監視データを統計的に分析し、2つの活動による効果の分析を行う。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
多変量解析を実際のプロセスデータに適用し、プロセス監視活動および設計品質評価活動の効果を定量的に評価している。
応用分野
品質を重視したソフトウェアプロジェクトマネジメント
関連論文
S. Yamada and A. Kawahara,“Statistical analysis of process monitoring data for software process improvement,” International Journal of Reliability, Quality and Safety Engineering, 16[5] (2009), 435-451.
参考資料ダウンロード
シーズPDF
参考URL
研究者詳細
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  水根 正人
連絡先
E-MAIL:mizune@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5546
 アンケートにご協力ください。