鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > ものづくり技術 > 薄膜を利用した軽量でコンパクトな騒音対策技術
ものづくり技術
薄膜を利用した軽量でコンパクトな騒音対策技術
研究者
西村 正治(工学研究科 特任教授)
キーワード
騒音対策、音響透過壁、軽量遮音構造、薄膜利用、遮音量可変構造
概要
フィルムなどの薄膜に空気圧を加えることにより、薄膜遮音量をほぼゼロから数十dBまで自由にコントロールできる技術(構造)を開発した。本構造を送風機のケーシングやダクトに適用し、遮音効果をほぼゼロにすることにより、流れは通さないが音を通す「音響透過壁」を形成することができ、問題のないところに音を逃がし、目的のところの静粛化を図るという対策が可能になる。また、その薄膜を遮音壁として用いると、空気圧の変化により遮音量を自由にコントロールできる窓口や遮音壁を実現できる。更に、内圧をかけた薄膜構造を従来の2重壁構造などに挟み込むことにより、軽量で遮音性の高い壁を実現できる。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・従来の騒音源をエンクロージャーで囲い込むという騒音対策に対して、音響透過壁の適用により、これまで困難であった低周波音成分まで、コンパクトに対策することが可能になる。
・軽量で遮音量を自由にコントロールできる壁構造を実現される。
・特に低周波音成分の遮音効果が高い軽量遮音構造を実現される。
応用分野
・ファンやダクトの消音(換気扇、空調ダクトなど)
・遮音量を自由にコントロールしたい窓口
・住宅や車両用軽量遮音壁
関連論文
・西村正治 他「音響透過壁を活用した天井埋め込み型換気扇の騒音低減に関する研究」日本機械学会第18回環境工学総合シンポジウム2008、CD-ROM論文集 (2008).
・西村正治 他「空気圧を利用した遮音量可変型軽量遮音構造の開発(第1報:基礎試験 )」日本機械学会第21回環境工学総合シンポジウム2011、CD-ROM論文集 (2011).
参考資料ダウンロード
シーズPDF
新技術説明会発表資料
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  水根 正人
連絡先
E-MAIL:mizune@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5546
 アンケートにご協力ください。