鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > IT > モバイルエージェント技術による分散型e-Learningシステム
IT
モバイルエージェント技術による分散型e-Learningシステム
研究者
高橋 健一、川村 尚生、菅原 一孔 (工学研究科 情報エレクトロニクス専攻)
キーワード
モバイルエージェント、P2P、e-Learning
概要
我々は集中型e-Learningシステムの欠点であるサーバへの負荷集中による応答性や安定性の低下を解決すべく、分散型e-Learningシステムを開発している。本システムの中枢はネットワークを自律的に移動して仕事を行うモバイルエージェントにより実装されている。エージェントに学習コンテンツ提供や採点などの機能を持たせ、システムに参加するコンピュータがエージェントを分散管理することで、負荷分散を実現している。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・参加コンピュータが分担してコンテンツ管理することによる負荷分散、耐障害性が向上する。
・高価な中央サーバを必要としないため、安価にシステム構築が可能である。
応用分野
モバイルエージェントに動画や音声などのマルチメディアデータを持たせ、ユーザに提供するコンテンツ配信システムへの応用が期待される。
関連論文
川村尚生、菅原一孔「モバイルエージェントに基づくP2P型e-Learningシステム」情報処理学会論文誌、46[1] (2005)、222-225.
参考資料ダウンロード
シーズPDF
参考URL
研究者詳細
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  水根 正人
連絡先
E-MAIL:mizune@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5546
 アンケートにご協力ください。