鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > ものづくり技術 > 製造知識の抽出・体系化・検索による熟練ノウハウ伝承や不具合改善技術
ものづくり技術
製造知識の抽出・体系化・検索による熟練ノウハウ伝承や不具合改善技術
研究者
北村 章(工学研究科 情報エレクトロニクス専攻 教授)
キーワード
不具合報告、操業ノウハウ、データマイニング、セマンティックWeb
概要
製造業では、設計・製造の技術やノウハウが属人化し、不具合やクレーム報告が死蔵化している。また、熟練者からのヒアリングでは限られたノウハウしか抽出できず、現場データの統計処理のみでは不具合改善効果に限界がある。これらの問題を解決するために、生産に関わる多様な文章からマイニングやルート探索技術によってノウハウを抽出するとともに、オントロジー技術によってそれらの情報を生産知識として体系化し、検索によって多様で深い知識の効率的探索を可能にする知的ものづくりのプラットフォームSKIPを開発している。単純な検索では見出すことのできないノウハウの抽出や不良低減のための施策に繋がる知識の掘り起こしに成功している。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・熟練者からのヒアリングで得られないノウハウを抽出・体系化できる。
・単純な統計処理では得られない不具合原因や対策を効率的に探索・立案できる。
応用分野
・製造知識の抽出・体系化・検索による不具合やクレームの減少対策
・操業ノウハウの抽出による操業支援施策
・設計・製造の情報や知識の共有化による早期量産化や新製品開発の試作期間短縮対策
関連特許
生産知識探索システム、情報構築装置及び情報公開検索装置並びにプログラム(特願2007-258995)
関連論文
A. Kitamura et al,“Semantic Model-based Repository of Production Knowledge,”Proceedings of the 2009 IEEE International Conference on Networking, Sensing and Control,March (2009), 26-29.
その他の関連研究内容
人工生命や離散型シミュレーションによるによる最適生産計画・製造スケジューリング
保有研究装置
データ・テキストマイニングツール、高速検索エンジン、各種最適化計算プログラム
参考資料ダウンロード
シーズPDF
参考URL
研究者詳細
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  水根 正人
連絡先
E-MAIL:mizune@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0857-31-5546
 アンケートにご協力ください。