鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > 医療・健康 > 総合診療能力向上のためのweb-based E-Learning システムの開発
医療・健康
総合診療能力向上のためのweb-based E-Learning システムの開発
研究者
谷口 晋一(医学部 医学科 教授)
キーワード
総合診療、E-learning、IT、教育
概要
現在、地域医療の崩壊が問題となっているが、地域で求められている医師は専門性を持ちつつ頻度の高い疾患(ex.糖尿病などの生活習慣病や整形疾患)に対応できる能力を備えた人材である。しかし、現実的には専門分野以外の学習する機会はきわめて乏しい。そこで、大学内で各専門分野の講師に「ガイドラインに沿った標準的な医療内容(ex.糖尿病の基本的な診かた)」を紹介してもらい、この内容をweb-based E-learning形式で、総合診療能力を向上させたいと考える医師達に配信できるシステム作りを行う。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
忙しい臨床現場で働く医師へ「短時間で最新の医療情報」を届けるE-learningは有効である。
応用分野
コンテンツを充実させれば、鳥大発の「総合診療研修ビデオ」などの商品化も可能である。
関連論文
S. Kuwata, S. Taniguchi et al, “Metaboli-net: online groupware system providing counseling guidance for patients with metabolic syndrome,” Stud Health Technol Inform., 156 (2010), 65-70.
その他の関連研究内容
・IT技術を用いた生活指導支援ツール「めたぼりねっと」の開発と運用
参考資料ダウンロード
シーズPDF
参考URL
研究者詳細
総合診療医(家庭医)の紹介ビデオ(YouTube閲覧可能)
症例検討の紹介ページ(会員登録が必要です)
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター  坂下 誠司
連絡先
E-MAIL:sakashita@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0859-38-6484
 アンケートにご協力ください。