鳥取大学研究シーズ集
トップページ > シーズ集 > 医療・健康 > 万能細胞由来ペースメーカ開発
医療・健康
万能細胞由来ペースメーカ開発
研究者
久留 一郎(医学系研究科 機能再生医科学専攻 教授)
キーワード
万能細胞、ヒトES細胞、ヒトiPS細胞、イオンチャネル、ペースメーカ
概要
胚性幹細胞やiPS細胞などの万能細胞が再生医療に用いられている。私たちはこの細胞から電気を作ったり、動いたりする細胞を取り出す技術を開発している。例えば、脈が打たなくなる病気には、心臓を刺激する電気を作る人工ペースメーカが使用されるが、電池の寿命があり、途中で交換が必要となる。そこで万能細胞であるヒトESならびにiPS細胞から電気を作る細胞を作製し、これを組み合わせて人工ペースメーカに代わる生物学的ペースメーカが出来る。さらに神経制御機能を搭載した多機能治療ディバイスに進化させることが期待される。
概要図
優位性(従来・競合技術との比較)
・従来の機械式ペースメーカの問題点であった、電池寿命や自律神経応答の欠如を補える生物学的ペースメーカの作成に成功した。
・周囲の細胞と電気的結合を作れる生物学的ペースメーカは、従来の機械式ペースメーカの欠点ある周囲の心臓への起電力の伝導性低下を起こさない。
・無限に増殖できるES細胞から大量に生物学的ペースメーカを取りだすことが可能である。
・ヒトiPS細胞からも作成が可能である。
応用分野
・医療機械メーカー
・製薬企業
・電池メーカー
関連特許
・新規ペースメーカ細胞(特許第5674046号 (日本)、I477604号(台湾)、2010301614号(オーストラリア))
・多能性幹細胞由来心筋細胞の取得方法(特願2014-198466)
参考資料ダウンロード
シーズPDF
日本海新聞(平成27年3月3日掲載)
参考URL
研究者詳細
担当CD
産学・地域連携推進機構 コーディネーター   坂下 誠司
連絡先
E-MAIL:sakashita@cjrd.tottori-u.ac.jp 電話:0859-38-6484
 アンケートにご協力ください。