鳥取大学 産学・地域連携推進機構
 知的財産管理運用部門
トップページ知的財産 〉 要注意;研究発表と特許出願

要注意!! 研究発表と特許出願

発表前に出願を!!

(詳しくはこちらをクリックして下さい)

出願前に論文発表をすると、発表内容には成果として特許等に出願すべき内容が含まれている場合があります。
一般公開による発表の場合、発表した時点で「公知の事実」となり新規性を欠くものとして出願が不可能となります。

*「新規性・進歩性」(特許法第29条第1項 )
については、特許庁HPに掲載されている
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/tjkijun_ii-2.pdfを参照下さい。

・発表後の救済措置としては、例外規定として「発明の新規性喪失の例外規定(特許法第30条)」があります。
 ただし、公開時から6ヶ月を超える場合には規定が適用できないことと、この例外規定には制約があります。
(詳細はこちらをクリックしてください)

*「発明の新規性喪失の例外規定」(特許法第30条)
については、特許庁HPに掲載されている
「発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための手続について」
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/hatumei_reigai.htmを参照下さい。

【お問い合わせ先】

鳥取大学 産学・地域連携推進機構2階
知的財産管理運用部門
部門長 三須 幸一郎
副部門長 山岸 大輔
電話:0857-31-6000又は6094
E-mail: chizai < at > ml.adm.tottori-u.ac.jp

[ ↑この頁の先頭へ | 知的財産シーズ へ | 産学・地域連携推進機構 Homeへ ]
国立大学法人 鳥取大学 産学・地域連携推進機構 知的財産管理運用部門