鳥取大学 産学・地域連携推進機構
 知的財産管理運用部門
トップページ知的財産 〉 知的財産権とは

知的財産権とは


◆ 知的財産権とは(intellectual property)【知的財産権】

発明や意匠(デザイン)、商標、サービスマーク、小説、音楽などの財産的価値のある情報(知的財産)を保護する権利をさす。
 例えば特許権、実用新案、意匠権、商標権、著作権である。所有権などの有体物を保護する物権とは異なり、
情報という無物体を保護する権利であることが大きな特徴である。
 これまで知的所有権とよばれることが多かったが、知的財産戦略大綱は、物を対象とした所有権法との違いが広く認識されるようにする為に 「知的所有権」という用語を可能な限り「知的財産」、「知的財産権」に統一すると述べている。
 知的財産法の分類方法には様々なものがあるが、保護対象の違いから、人間の精神的創作活動の成果を保護する創作法(特許法、著作権法など)と 営業上の信用を化体した標識を保護する標識法(商標法など)に分けられ、また、保護目的の違いから、 産業発展への寄与を目的とする工業所有権法(産業財産権法)と文化の発展への寄与を目的とする著作権法に分けられる。

知的財産権の種類と範囲

特許 実用 意匠 商標 著作 育成

鳥取大学で取り扱っている主な知的財産権

■特許件(特許法)

自然法則を利用した、新規性のある産業上有用な発明に対して出願の日から20年間保護。
・詳細は特許庁HP参照  「特許・実用新案とは」

■実用新案権(実用新案法)

物品の形状・構造・組合せに関する考案(小発明)にたいして出願の日から10年間保護。
・詳細は特許庁HP参照  「特許・実用新案とは」

■意匠権(意匠法)

独創的で美的な概観を有する物品の形状・模様色彩のデザインに対して設定登録の日から20年間保護。
・詳細は特許庁HP参照  「意匠とは」

■商標権(商標法)

商品、役務に使用するマーク(文字、図形など)を設定登録の日から10年間保護。(更新可能)
・詳細は特許庁HP参照  「商標とは」

■著作権(著作権法)

独創性のある文芸、美術、音楽、ソフトウエアなどの精神的作品を創作の時から作者の死後50年間保護。
(法人は公開後50年、映画は公表後70年)
・詳細は文化庁HP参照  「はじめて学ぶ著作権」 , 「著作権なるほど質問箱」

■種苗法(育成者権)

新品種の保護の為の品種登録に関する制度。育成者権の存続期間は品種登録の日から25年間
(第4条第2項に規定する品種に当たっては30年)
・詳細は農林水産省HP参照  http://www.hinsyu.maff.go.jp/
 *「品種登録制度とは」のコンテンツをクリック。

お問い合わせ先: 知的財産管理運用部門  三須・山岸

電話:0857-31-6000、E-mail: chizai < at > ml.adm.tottori-u.ac.jp


[ ↑この頁の先頭へ | 知的財産シーズ へ | 産学・地域連携推進機構 Homeへ ]
国立大学法人 鳥取大学 産学・地域連携推進機構 知的財産管理運用部門