記事一覧

 【お知らせ】因幡・夏の手づくりまつり・空き情報について

8月11日(木・祝)開催の『因幡・夏の手づくりまつり』
=本日より、受付を開始しています!=
午前中の時点で既に定員に達している教室もあり、沢山の皆様からのお申込みに心よりお礼申し上げます。

<各教室の受付状況についてお知らせいたします>
既に定員となっております教室につきまして、手違いにより二重にお申込みいただいた方・キャンセルの方が数名でております。
只今、再集計作業を行っております。
集計が済み次第、各教室の空き状況を修正させていただき、明日(午後1時頃)に最新情報をお申込みォームへ反映させていただく予定としております。

お手数をおかけいたしますが、ご希望の教室が定員に達しておられました場合、明日掲載予定の最新情報を再度ご確認いただけますようお願いいたします。

 ★鳥取市発明クラブ報告

7月13日(水)に、ファブラボとっとりにて発明クラブを開催しました。
担当は瀬川さんです。

【テーマ:創造コンテスト作品②】
・先回に引き続き、山車のアイデアを模型に表現することをしました。(写真)
ファイル 552-1.jpg

【児童の様子】
・アイデアが固まったようです。ユニークな作品もあり、テーマに合わせて工夫しているのが、感じられます。
・協力して、ものづくりをすることが初めての児童が数人いて、仲間と一緒に行動することに戸惑っていました。

 ★遷喬小学校・必修クラブ活動報告☆

7月11日(月)に遷喬小学校・図画工作室にて必修クラブを行いました。担当は瀬川さん、太田垣さんです。

【テーマ:紙製蒸気船② 】
・先回 船の色塗りができた人、色塗りがまだの人がいましたので、それぞれに応じて工作にかかりました。(写真①)
ファイル 551-1.jpg
写真①:「難しいなあー。青い船、赤い船、白い船」

・パイプを取りつける穴を、パンチであけ、アルミパイプを支えに取り付けて、船にセットしました。その後、試走しました。(写真②)
ファイル 551-2.jpg
写真②:「完成! よく走ったよ♪」

【児童の様子】
・水が船に入らないように、点検しましたが、補強が十分でない児童が何人かいました。
・アルミパイプが水面より中に入るように取り付けるという意味が分かっていない児童がいました。試走ではじめて、納得。
・試走でうまく動いた人、「やったー」「動いた」。なかなか動かない人、「なんでー?」「先生動かしてください」など。
【担当の感想】
小学生に紙でつくった蒸気船に挑戦してもらいましたが、ハサミで切って船を組み立てること、色塗りを丁寧にすること、ノリやセロテープの使い方など、少し難しかったようです。水没させた児童もいました。やはり木製の蒸気船の方がよかったようです。

 ◎中部ものづくりカフェ通信第45号ができました

≪中部ものづくりカフェ通信第45号≫ができました!!
6月中に開催した主なイベント等を掲載しております。

ぜひご覧ください☆彡 
 ↓↓↓
中部ものづくりカフェ通信

 ◆『伯耆・夏の手づくりまつり』受付状況

★『伯耆・夏の手づくりまつり』の受付が7月11日(月)より始まりました!!

午前8時30分受付スタートとともにたくさんの申込みメールをいただき、ありがとうございます。(*^-^*)
<定員になり次第受付を終了させていただきます。>

あっという間に定員となってしまった教室もいくつかあり、せっかく申し込んでいただいたのにご希望に添えず申し訳ありませんでした。

◆現在の受付状況をこちら
に載せております。随時更新していきますので、ご覧ください。

 ◎中部・夏の手づくり教室を開催します☆

8月21日(日)『中部・夏の手づくり教室』を開催します!

場所:伯耆しあわせの郷
時間:10:00~12:00
<教室案内>
『ペットボトルでつくる二足歩行ロボット』
『生活に役立つロープワーク』
『簡単コマづくり』
『はじめての電子工作』

◆夏休みの宿題にもピッタリ!?
 みなさまのご参加をお待ちしております♪

予約が必要です。申込方法等詳しくはチラシをご覧ください
  ↓↓
中部・夏の手づくり教室

 ★因幡・夏の手づくりまつりを開催します!

2016年『因幡・夏の手づくりまつり』を開催します☆
みなさまのご参加をお待ちしております(^▽^)

日時:8月11日(木・祝)午前10時~午後12時
場所:鳥取市こども科学館(鳥取市文化センター内)

7月25日(月)午前0時より「ものづくり道場」ホームページ、申込フォームより参加予約を受付けします。(先着順)
※E-mail、お電話での受付は対応しておりません。ご了承ください。

詳しくはチラシをご覧ください
  ↓↓
因幡・夏の手づくりまつりチラシ

お申込画面
 ↓
http://www.cjrd.tottori-u.ac.jp/monodukuri/entry/entry_tottori.html
※現在、情報は掲載されません。7/25日よりこちらへ掲載予定です。

 ◆伯耆・夏の手づくりまつりを開催します☆

2016年『伯耆・夏の手づくりまつり』を開催します!!
たくさんのみなさまのご参加をお待ちしております(^▽^)☆
楽しく作りましょう♪

日時:7月24日(日)午前10時~午後3時
場所:米子市児童文化センター

7月11日(月)午前8時30分からEメールにて参加予約を受け付けています。(先着順)

詳しくはチラシをご覧ください
  ↓↓
伯耆・夏の手づくりまつりチラシ

 ★日進小必修クラブ

7月5日(火)に日進小学校・図画工作室で必修クラブを行いました。
担当は鍋谷さんです。

【テーマ:「木炭電池を作ろう」②】
(1)キッチンペーパーを、食塩水に浸たす。
(2)それを、先回つくった備長炭に巻く。
(3)その上に、アルミホイルを炭につかないように巻いて完成。
(4)実験をしました。(電圧は約0.7V程度。)
  ①モーターを回す。②赤色LEDを点灯。③豆球を点灯。
ファイル 545-1.jpg
写真①:炭にペーパーとホイルを丁寧に巻きます♪
ファイル 545-2.jpg
写真②:回った!すごい!
ファイル 545-3.jpg
写真③:みんなの電池の力を合わせて☆

【児童の様子】
・児童は「これが電池?」と思っていたようで、各自の電池でモーターが回った時は、「わー、回った!!」「なんでーー」「不思議や!」など、大きな声でみんなが歓声をあげて、吃驚していました。
・次に、赤色LEDに挑戦。つきません。急に静かになりました。講師に「それでは、3人分を直列につなぎましょう」といわれて、みんなでリード線を「+(プラス)、-(マイナス)と確認しながら、LEDにつなぐと点灯しました。「おー!」「ついた!」。講師が電圧のことを話されました。
・さらに、豆球に挑戦。3人分ではつきません。そこで、全員の電池を直列につなぐと豆球が点灯。みんなで“拍手”。笑顔、笑顔・・・。みんな満足そう。
・ある児童が、モーターを回してみました。「すごい勢いで回ってる。見て見て!」「先生持って帰っていいですか。」全員、笑顔で、自作の電池を持ち帰りました。

 ★鳥取ものづくりカフェ報告

6月27日(月)にファブラボとっとりにて、ものづくりカフェを開催しました。

○応用講座「ものづくりを指導するにあたって」
講師 土井先生
・子どもたちが工夫して没頭できる教材を、いかに開発するかについての講話がありました。(写真1)
ファイル 544-1.jpg

・事例「メリーゴーランド」、「ゾートローブ」、「変形コマつくり」、「スーパーマン」
・ものづくりの本当の面白さは、隠された活動のなかにある。完成した作品から、一層良い物にしていくにはどうすればよいかなどの問いかけで、工夫を生み出していく機会を提供する。
・みんなで、コマづくりをしました。重心の取り方を考えながら、各自が変形コマに挑戦しました。(写真2)
ファイル 544-2.jpg

・“なぜ”、“どうして”、“どうすれば”などの発問によってスキルを獲得する教材開発を続ける必要があることを、確認しました。

○作品、教材紹介など
・大北さん:アラゴーの円盤の試作について
○これからの事業などについて話し合いました。
・7月16日、17日「すくすく子育てフェスタ」の参加について
・8月11日夏・手づくり祭りについて

ページ移動