記事一覧

 ★ものづくりクラブ報告☆

5月25日(水)にFabLabとっとりにて、ものづくりクラブを行いました。

○自己紹介、担当者からクラブ運営について、前期実施日の確認など。
○テーマ:蒸気船①
よく使う機器、糸のこ盤・帯のこ盤・ボール盤の使い方を習いました。
蒸気船の本体の材料を帯のこ盤で切り、糸のこ盤で船の形を切りだしました。
次に、塗装して乾かすための針金を通す穴あけをボール盤でし、塗装しました。(写真)

ファイル 536-1.jpg
写真:いろいろな形をかんがえましたね!

 ★鳥取指導者養成講座の開講について

鳥取指導者養成講座を開講します。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月25・26・27日、7月2・3日に『鳥取ものづくり指導者養成講座』を開講します。

修了生向けの指導講座と
*『電気工作(ミニ発電機)』
*『紙で作るフラワーアレンジメント』
*『レーザー加工機で色々なコマを作って楽しもう』
*『藍染め』
*『工場見学ツアー』
*『愉快な手回しアニメーションづくり』
を行います。
講座料は無料です。

詳しくは
『指導者養成講座』チラシ
をご覧ください。

申込用紙は
こちら
です。

皆様のご参加をお待ちしています!

 ★遷喬小学校・必修クラブ活動報告☆彡

5月16日(月)に遷喬小学校・図画工作室で必修クラブを行いました。担当は山下さんです。

【テーマ:木のボールペン 】
・今日は、第1回なので、クラブ長選出、自己紹介、めやすなどについて話し合いました。
・はじめに道具の使い方、作り方を説明。早速、ほうの木を□に加工した素材を万力に取り付けて、各自が所定の長さにノコで切りました。紙やすりできれいに磨いて、ボールペン芯をいれて、刻印で各自のイニシャルをつけて、マジックで飾りを書いて完成です。
(写真①②)

ファイル 534-1.jpg
【写真①:きれいになれ、きれいになれ♪】

ファイル 534-2.jpg
【写真②:かわいいボールペン、できました☆】
 
【児童の様子】
・多くの児童はのこぎりの使用が初めてで、慎重に使っていました。
・磨きに時間をかけて、□を○くなるようにしている児童が数人いました。
・皆が、刻印打ちにとても興味を示していて、何度も練習していました。
・完成すると、「上手く書けました」「もう1本作りたいです」「刻印の練習していいですか」など、やる気まんまんでした。

 ★鳥取市発明クラブ報告

5月11日(水)に、ファブラボとっとりにて発明クラブを開催しました。
担当は鍋谷さんです。

【テーマ:ピタゴラ装置③】
・子どもたちごとの、ピタゴラ装置を完成させます。前回(2回目)の状態を見て、子どもたちが目指している装置を聞きながら、事前に部品、材料などを、準備しておきました。
・完成して、動かす時、“うまくいくかな”と心配そうでしたが、どの作品も”スイッチ“が入って、上手くいったようです。

ファイル 533-1.jpg
写真1:ビー玉で、ドミノ倒しをして、右側のボール紙を手前に倒すと、文字が現れます☆(2年生)

ファイル 533-2.jpg
写真2:ビー玉が、かたかたと落ちて、右の金属パイプをカンと鳴らします。その時、たこ糸がついたナットが落ちて、ピタゴラ・スイッチと文字がはためきます♪(5年生)

ファイル 533-3.jpg
写真3:ビー玉を右上から落とします。装置の出口に、ペットポトルでできた、ジャバラがあり、それが下向きに開きます。(6年生)

 ★日進小必修クラブ

5月10日(火)に日進小学校・図画工作室で必修クラブを行いました。
担当は薮田さんです。

【テーマ:木のボールペン】
・今年度第1回のクラブなので、クラブ長、めあてなどを話し合いました。
・材料は、ほうの木。万力に材料を取りつけて、のこぎりで各自の長さに切りました。(写真1)
・紙ヤスリで磨き、ボールペン芯を差し込み、各自のイニシャルを刻印し完成です。(写真2)

ファイル 532-1.jpg
写真①:のこぎりで、慎重に切っています!

ファイル 532-2.jpg
写真②:刻印打ち、楽しいです♪

【児童の様子】
・多くの児童は、のこぎりをはじめて使いました。緊張しながら切っていましたが、切れた時、「にこっ」と笑顔が見えました。
・紙やすりで、丁寧に磨いて、握りやすくしている児童がいました。
・刻印打ちは、全員はじめてで、かなづちで手を打つ児童もいましたが、試し打ちをして、加減が分かったようです。
・イニシャルにマジックで色付けをして、鮮明にした児童がいて、皆がそれを習いました。
・今日の記録を書く時、早速作りたてのボールペンを使って書いていました。

 ★鳥取ものづくりカフェ報告

5月9日(月)にものづくりカフェを開催しました。

○作品・教材紹介など
薮田さん:「ドミノ倒し」・・子どもの考えで、ドミノや積み木で遊べるようなもの。形は四角だけでなく、動物などの形も考えてみては。などいろいろな意見がでました。

○これからの事業など
1.カフェ総会・実技講座 5月28日(土)13時30分~15時30分
  会場:鳥取大学・広報センター(正門正面)
  内容:ものづくりについて、活動報告、実技講座
*どなたでもご参加いただけます。多くのかたのご参加をお待ちしています。
(問い合わせ先:鳥取ものづくり道場事務局 31-6777)
2.因幡の手づくりまつり 6月12日(日)10時~15時 智頭街道商店街
3.鳥取ものづくり道場・指導者養成講座 6月市報掲載予定
4. 同上 実地演習・夏の手づくりまつり 8月11日(木)

 ★鳥取ものづくりカフェ報告

4月18日(月)にものづくりカフェを開催しました。

○作品・教材など
石井さん:ナフカ・コンドルを形にした、ストラップ(砂の美術館用)。普通の樹脂粘土を伸ばして薄くし、模様を描いて作成した。(写真)
ファイル 530-1.jpg

○これからの事業など
・鳥取こどもまつりについて
 4月24日(日)午前10時~午後3時 出会いの森(桂見)
・因幡手づくり祭り、ブースについて
・鳥取ものづくり道場・養成講座、選択科目について
・年間計画   などについて、話し合いました。 

 ★鳥取市発明クラブ報告

4月13日(水)に、ファブラボとっとりにて発明クラブを開催しました。担当は鍋谷さんです。

【テーマ:ピタゴラ・スイッチ②】
 児童一人ひとりが装置を考えて、製作するために必要な日用品などの材料を持ってきました。いよいよ、製作開始です。どんな装置ができるのでしょうか。みんな真剣に取り組んでいました。

ファイル 529-1.jpg
写真1:一人ひとりが、真剣に装置づくりに挑戦しています!

ファイル 529-2.jpg
写真2:どんなピタゴラ装置ができるのかな?

【児童の様子】
・自分が考えていたことを、製作する過程で少しずつ変えていました。友達の様子を見て変えたり、コンパクトにまとめる工夫をしたりしていました。
・「先生、ここに穴を開けたいのですが」「千枚通しがありませんか」「ダンボールください」「釘ありませんか」「木工ボンドほしいです」など、積極的に道具・用具を使用していました。
・口をへの字で、歩き回りながら考えていたり、「ここはどうするかなあ」と声をだして考えていたり、「先生、こうしたいと思うのですが、どうしたらいいですか」などアイデアを実現するために、みな真剣に取り組んでいました。このような児童の姿を見て、一人ひとりの個性が発揮されていることを感じました。

 ◆中部ものづくりカフェ通信第43号ができました

≪中部ものづくりカフェ通信第43号≫ができました!!
3月中に開催した主なイベント等を掲載しております。

ぜひご覧ください☆彡 
 ↓↓↓
中部ものづくりカフェ通信第43号

 ★ものづくりクラブ報告☆

3月23日(水)にFabLabとっとりにて、ものづくりクラブを行いました。担当は瀬川さんです。

【テーマ:割りばし鉄砲】
割りばし3箸から、ナイフや紙やすりで部品をつくります。
次に輪ゴムで部品を組み合わせて、鉄砲を完成しました。(写真)

ファイル 527-1.jpg
写真:割りばし鉄砲の完成です♪

【児童の様子】
・割りばしをきれいに仕上げるため、ナイフや紙やすりを使いました。特にナイフの安全な使い方について、気をつけていました。
・部品を組む時、「わかりません」「先生やって」「難しい」など輪ゴムに大苦戦でした。
・完成すると、「打ちたい」「ゴムをどうするの(取り付け)」など、はやる気持ちで、ガヤガヤ。すぐにできる人、全体や引き金部の調整などをしなければならない人などマチマチでしたが、全員で遊ぶことができました。

ページ移動